エビス電子という小さな電子部品商社で、営業や営業アシスタントとして業務に携わっているスタッフ(えべっさん)Blogです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


試験
2018年05月11日 (金) | 編集 |
こんにちは猫です。

早いものでもう5月ですね
ゴールデンウィークも終わり、次の大型連休まで
まだ先なので、少しテンションが低めです(笑)

さて、エビス電子では社員がスキルアップに取り組んでおります。
資格や講座等でそれぞれが勉強しており私も来月、試験を受ける予定です
学生の頃と違い、集中力も記憶力も低下しているため
なかなか進みませんが、合格できるよう頑張ってる最中です

他の皆さんも頑張っておりますので、負けずに私も合格したいと思います
良い報告が出来ると良いですけど…

ではまた、、、



スポンサーサイト

枚方は56番目の宿場町。
2018年02月22日 (木) | 編集 |
こんにちは。
突然ですが、東海道五十三次ってご存知ですか??

私はあまり知らなくて、歌川広重の浮世絵って言われて、「あぁ~アレね!」ってなる程度です。

江戸時代の東京の日本橋から京都の三条大橋までの東海道にある宿場町の数で、1番目が品川宿で、が53番目が大津宿だそうです。

ところが先日、『実は東海道の宿場は53でなく、57あった。』という話しを耳にしました。
へぇ~って感じだったんですが、あとの4つはどこやねん??と...。

京都の伏見・淀の2つと、大阪の枚方・守口の2つで、終点は大阪市の高麗橋なんだそうです。

何と、我らが枚方が入ってるではありませんか!!

ネットで調べてみると、
<ウィキペディアより抜粋>
東海道五十七次
東海道の延長線として京街道 (大坂街道)の宿場が元和5年(1619年)に設置された。京街道の宿場を含めて東海道五十七次と呼ぶ。
数は品川宿からの通し番号である。

とあります。
なるほど、あとで延長されたんですね!
そういえば、枚方市駅の京阪の線路北側に沿うようなかたちで東西に古い街並みが少し残ってますね。


エビス電子は枚方に会社を構えていますが、私も含め枚方在住の社員が少ないです。
今回、枚方の新たな一面を知ることができ、少し身近に感じることができました。
まだまだ枚方について知らないことばかりなので、機会があればいろいろ探っていきたいと思います(^-^)


変更しました
2018年02月20日 (火) | 編集 |
こんにちは 猫です。

大変遅くなりましたが、テンプレート変更しました。

今年はこれでお願いしますね。

年末
2017年12月13日 (水) | 編集 |
お久しぶりです。

です

年始にテンプレート変更の案内をしてからもう1年がたちました
早いですね~
そろそろ大掃除をしないといけません

会社では5Sに取り組んでいて私は本社の責任者をしています
先月は工場に抜き打ちチェックにも行きましたし、工場の方からもチェックしてもらいました
毎日会社にいるのと気づかないもので、違う人が見るとここが気になるんだ~と改めて気づかされます。
この取り組みは来年も続けて行くので、安心・安全・清潔な職場にして行きます

今冬は寒さが厳しいとの予報も出てますので体調には十分に注意ですね

少し早いですが、良いお年をお迎えください

ではまた

秋祭り
2017年10月12日 (木) | 編集 |
おはようございます!
営業課の福崎です!
久しぶりの投稿となりますが、皆さんお変わりないでしょうか?
さて、私の地元では秋祭りが行われ神輿が街中を練り歩くという内容なんですが、子供神輿で担ぐというより引回すという内容になります。

しかし、生憎の雨でずぶ濡れになりましたが、子供達は元気一杯に参加してくれたので楽しかったです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。